雛の育て方

このエントリーをはてなブックマークに追加

雛は常時売っている訳ではなく、春と秋に多く見受けられます。始めて飼う場合は温度の点から春がベストです。秋から飼い始めた場合は温度管理に注意が必要です。雛はプラケースで飼育します。ケージよりも保温効果あり、無論良く観察出来ます。プラケースの底におが屑のような敷材を敷きます。新聞紙でも良いのですが、我が家の子は囓るので駄目でした。敷材はフンで汚れるので毎日交換します。温度は24度~28度とします。熱帯魚と全く同じです!寒い場合は暖房で、暑い場合はエアコンで温度調整します。夜間など暖房が使えない場合はペットヒーターなどで調整します。飼育ケースの設置場所は風通し良く、暑からず寒からず、直射日光が当たらない所とします。

雛には挿し餌で食事を与えます。挿し餌の回数は生後どれだけ経過しているかにより異なりますが、一般的に雛として売られている生後2~3週間程の個体であれば1日4~5回与えます。お店で雛を購入する際に、店員さんに1日何回与えればいいのか聞いておきます。餌は粟玉でお湯でふやかしてから冷まし、水を切ってから、ご自身の手を温めた上で、雛を手に乗せて挿し餌スプーンで食べさせます。餌は一度に作り置きせずに毎回作ります。餌の量は雛が食べなくなるまで与えます。お腹の「そのう」が餌でパンパンになっている事からも確認出来ます。

個体差があるようなので一概には言えませんが、生後1月ほどすると、羽がほぼ生えそろい、見た目大人っぽくなってきます。いきなりケージに引っ越すのはどうかと思い、我が家ではプラケースの下の方に止まり木を固定させたところ、止まり木に留まるようになりました。我が家の庭には柿の木があり、枝を折るといくらでも止まり木が作れるのです。無い場合には市販の止まり木を切って代用出来ると思います。そして、放鳥するとパタパタと少しだけ飛べるようにも成長していました。餌も一人で食べられるように練習をさせた上で、挿し餌は止めました。一人で食べやすいように餌は小皿に入れておきました。

atan2

更に2週間程すると羽が生えそろいほぼ成鳥の姿になったため、ケージに移しました。その頃になると放鳥すると結構飛ぶようになります。注意点として、ガラスにぶつかり怪我をする事があるようなので注意が必要です。そこで、窓にはカーテンを引いておきました。また、幼鳥であれば飛んだら着地するまで目視して注意する事も必要です。更に歩くようにもなるため、践まないように注意する事が必要です。更に、部屋の扉を閉める際にも飛ぶ事がありますので、注意をしながら閉める事も重要です。雛、幼鳥を放鳥する際は常時注意が必要ということです。疲れますが、癒される方が多いのではないでしょうか。