セキセイインコを入手する

このエントリーをはてなブックマークに追加

セキセイインコはペットショップや大型のホームセンターのペットコーナーで売っています。僕らが子供の頃、どの街にもあった街の小鳥屋さんというのは最近は見かけなくなりました。値段は雛の方が若干安いようですが、2000円~3000円程度と極めて安価です。他のインコはほとんど1万円以上します。しかし貴重なタイプのセキセイインコであると1万円以上する事があるようです。購入する際のポイントは、売り場に清潔感があるか、店員さんの態度が良いか、小鳥たちが元気かとなります。熱帯魚の購入と同じです。選ぶ際はやはり、お気に入りの子を捜し、店員さんに健康状態を確認してもらいます。

セキセイインコは「雛」と「成鳥」を売っています。ネットでは良く雛を買った方が良いという意見が多いようですが、僕の個人的な意見としては、飼育に自信が無いのであれば成鳥を選んだ方が無難だと思います。あくまでも生き物ですから、長く共に生活する事が前提で、小動物の場合、幼体は死亡率が高いからです。僕は熱帯魚飼育を長らく経験していますが、初心者の頃は幼魚を何匹も★にしてしまいました。セキセイインコは成鳥であれば雌雄を見分ける事が出来、♂は鼻が青く、♀は白っぽい。雛にもその傾向はあるようです。

手乗りにしたい場合は雛から飼育しないと難しいと言われていますが、店を探してみると手乗りの成鳥も売っている場合があります。成鳥になる課程で、弱い個体は残念ながら淘汰され、弱い子は★になってしまっているため、成鳥として売られている個体は「試練」をかいくぐってきた訳ですから、長く共に生活出来るとも言えます。僕のペット飼育論はやはり熱帯魚から来ているようで、熱帯魚は種類により落ちやすく(★になること)数え切れない程の後悔があり、家族の一人であるセキセイインコにはどうしても長く生きて欲しいのです。