日常の世話

このエントリーをはてなブックマークに追加

セキセイインコの日常の世話は朝から始まります。まずはケージ毎、2階のベランダで1時間程日光浴させます。その間に昨日の残餌を捨て、小皿を綺麗に洗って冷蔵庫で保存しているセキセイインコ専用の餌を入れます。Achanはケージの中では餌は食べないため、ケージには餌入れありません。部屋食で、餌は一般的な小皿に入れています。成鳥のセキセイインコ専用の餌の原料は皮付きのアワ、ヒエ、キビ、カナリアシード等です。皮付きの餌は残った皮が食器に残るため、実際どれだけの餌があるのか分かりづらいため、息を吹きかけて皮を飛ばして確認します。

放鳥中にはケージを毎日、掃除します。ケージの掃除とは何も丸ごと洗う訳ではなく、ケージ下部の「フン切り」と言われる金網と糞が落ちる「底トレイ」をブラシで糞が見えなくなるまで洗い、晴れていれば日当たりの良いところで、雨や曇りでもケージと共に干します。止まり木に糞が付着していればブラシで良く洗います。

常時放鳥しているといっても、手放しにしているという訳ではありません。一緒に遊んであげます。僕は自営業者のため家で仕事をしている事が多いため、仕事の息抜きにもなっています。常時放鳥は飼い主も常時在宅していなければ出来ない事でしょう。しょっちゅう一緒に遊んでいるのでセキセイインコのしぐさが分かってきます。ご機嫌の時は、頭を盛んに上下させたり、鳴きながら飛び回ったりします。興奮すると、毛が逆立ったり、瞳が収縮したり、噛みついたりします。調子の悪い事はあまり無いのですが、羽を膨らませている時は調子が良く無いようです。

それらと共に非常に重要であり、セキセイインコを飼い始めてから劇的に変わったのが部屋の掃除の頻度です。糞は見つけたものはその場で取りますが、やはり見落とす物も多数ありますし、いくら常時空気清浄機を入れているとはいっても掃除機での掃除は重要です。掃除を徹底しているため、セキセイインコを飼い始める前よりも現在の方が綺麗な部屋になっているようです。また、飼い始める前よりも自分自身リラックス出来るようになり、精神的にも良いようです。日常の世話は楽では無いかもしれませんが、セキセイインコと生活する事は言葉では言い表せない程楽しいものです。皆様も是非素晴らしいセキセイインコライフを目指して下さい!