セキセイインコの育て方TOP

このエントリーをはてなブックマークに追加

セキセイインコは小鳥の中でも比較的飼いやすく、懐きやすいと言われ、つぶらな瞳と曲がったくちばしが特徴です。豊富なカラフルなボディーの色を選べるのもポイントです。小鳥の中でも最も可愛いと思う方も多いと思います。たかだか小鳥とは思えぬ程お利口で、その動作もユーモアがあり、感情が豊かで、飼い主の言葉をある程度理解し、おしゃべりする(♂のみ)のも可愛いものです。

セキセイインコは小鳥の中でも極めて安価で、雛はセールだと1000円程で購入出来ます。しかし、いくら安価で小さなものとはいえ、命である事に変わりありませんので、生き物を飼う責任を持つ必要があります。他の生き物と同様、世話をする必要があります。食事を与え、清掃して清潔を保ち、放鳥して遊んであげる必要があります。管理人は熱帯魚も飼育していますが、熱帯魚は観賞魚ですが、セキセイインコは決して観賞用では無いという事です。セキセイインコはペットであり家族の一人です。

セキセイインコは、オウム目・インコ科・セキセイインコ属の鳥でオーストラリアが原産です。英語ではbudgerigarないし略してbudgieと言います。セキセイインコをネットで詳しく調べたい場合は英語で検索をかけると日本語のサイト以上にヒットします。インコとオウムの違いは、まずは分類上の上にオウム目があり、その下にインコ科、オウム科とヒインコ科があります。オウムには頭に冠羽という羽が生えており、冠羽の無いものがインコです。小型インコで人気のあるオカメインコは冠羽があるため実はオウムです。